福岡の不動産市況

【福岡市の人口】政令指定都市のなかで人口増加率トップ!

2020年10月21日

福岡市への不動産投資が注目される理由はなんといっても人口増です。

 

福岡市の推計人口によると、2020年9月1日現在の人口は160万3,043人と、政令指定都市の中で5番目に人口が多い市(東京23区除く)で、少子化といわれていますが、福岡市では2035年まで人口が増え続けると予想しています(福岡市は2012の将来人口推計で、2035年にピークの160万6千人に達する)。「投資家に対して、人口増ほど説明しやすい要因はない」と言われますが、不動産の需要が落ち込む確率も低いため、将来性という意味でも注目されています。

 

また、若者世代(15~29歳)の多いことから福岡には「活気」があります。その比率は19.2%で、政令指定都市の中では全国1を誇ります。特に女性の人口が多く、6:4の割合で女性の方が多いです。単身赴任者やひとり暮らしのビジネスマン、OLが多いことも特徴で、単身世帯は東京23区に次いでなんと全国第2位です。

 

まとめると

福岡市の人口数は政令都市の中で5位で、「人口増加数」「人口増加率」「10~20代の若者の割合」が政令都市で1位。人口増加率は政令市平均のおよそ5倍。

 

・政令市中5位 人口数:1,603,043人

・政令市中1位 人口増加数(5年間)が多い都市:74,938人

・政令市中1位 人口増加率(5年間)が高い都市:5.12%

・政令市中1位 若者(15〜29歳)の人口比率が高い都市:19.5% (2015年)

 

※人口数は2020年9月1日現在
※人口増加数、人口増加率は2015年国勢調査(2010年10月〜2015年10月)より